スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
エチオピアのバス
ディラから国境の町モヤレに行くバスの中では…

はっぱを噛んでる人(眠気覚ましになるそうです)
えんぴつ大の枝をくわえている人(これは歯磨きのようなものだそう)
食べ終わったマンゴの皮でまんべんなく顔や頭を拭く人
(べたべたした部分を顔にあててた。よくわからない行動…)
日本とは全く異なるバスの風景。

その上なにやら怪しげなエチオピアの音楽がガンガン流れています。
(Aメロ~Bメロ~サビのような流れの音楽に慣れている日本人の耳には奇怪ともとれる
単調なメロディーのリピート。演歌っぽくもあり、宗教音楽っぽくもある)

更になぜかエチオピアの方はバスの窓を開けっぱなしにすることを嫌うので、
車内が暑くても窓は閉じられたまま!!
今日はこのバスに8時間乗らないといけません…

そんなわけでだんだん頭がゆだってきました。

フト車窓を見てみると

あ!アリヅカ!!
おっ!竪穴式住居!!↓
78mura_R.jpg


(私達が通ってきたルート上にはこの形の家がたくさんありました)

今、何時代だっけ?と上気した頭でしばし考えてしまいました。

by ひろこ 
スポンサーサイト
2008/07/08(Tue) | 12.エチオピア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アサワの町
昨日バスで6時間かけてアディスアベバからアワサという町にやってきました。
当初はアディスアベバからエチオピアとケニアの国境の町モヤレまで直行(所要1日半)
しようか!などとお気楽なことを考えていたのですが…
出発の前々日にバス停でバスの状態を一目みて、これは長時間乗りたくないなぁ~
と思ったので、大事をとって以下のルートで1週間程かけて国境まで行くことに。

アディスアベバ

アワサ

ディラ

モヤレ

そんなこんなで今はアワサにいるのですが、小さな町ながら湖があったり
大学があったりとなかなか良い環境です。
湖↓
76lake_R.jpg


さて今日でエチオピア5日目。
バスの中やこの町で人と触れ合う機会があったおかげで、
やっと自分のまわりが黒人だらけという環境に「恐怖心」を感じなくなりました。
*初日はビビりすぎて昼間歩くのも怖かったのです。
今は昼間限定なら平常心。

by ひろこ 
2008/07/06(Sun) | 12.エチオピア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アジスアベバの宿
7月1日23時にカイロからフライト。
さよ~なら、エジプトー。と思っていたら、
なぜかシナイ半島のシャルムエルシェイクでトランジットさせられました。
それにしてもこの飛行機に乗っている人たちって当たり前だけど、ほとんど黒人。

ドキドキ。

期待と不安であまりよく眠れず、結局ビザ発給やらイミグレ通過や荷物のピックアップなど
モロモロを終えたら朝6時過ぎ。寝不足です。

空港で偶然出会った旅人コージさんと私達3人でタクシーをシェアして、アジスアベバ繁華街の
「ピアッザ」地区までやってきました。

ここピアッザ地区は1階がレストランorバーで2階が宿という場所多いなぁと思っていたのですが、
何軒かまわってみて、こういう造りのところは「連れ込み宿」だということが分かりました。

ものすごーくイカガワシイかと思いきや、実際泊まってみると入口・出口には24時間体制で警備員もいるし、
ガンガン鳴り響く音楽も12時前にはぴたっと止んで営業を終わらせるあたりも好ましいし、
レストランも併設されているので、夜遅くて外出は避けたいけどお腹がすいた!という時でも
外に出ずにここで済ませることができるし、
従業員も英語は通じないけど気さくな人が多いし…と思った程悪くないので、
(というか逆に安全かもと思えてきました。)
今はここ「NATIONAL HOTEL」に宿泊中。*コージさんもここに宿泊中。↓
hotel_R.jpg

部屋の窓からは従業員さんがワサワサと仕事に勤しんでいる様子が見えます。↓
nakaniwa_R.jpg


by ひろこ 
2008/07/04(Fri) | 12.エチオピア | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。