スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
カムバック・ナイロビ
ケニア山登山の為、ナイロビに戻ってきた私達。
前回もお世話になった幸作さん&うぇいな夫妻とも再々会!!

そして明後日から私達+うぇいなの3人でケニア山へ挑戦です。
私達は多少登山の心得がありますが、うぇいなは初登山。
どうなることやら…。

なにはともあれ、登山を楽しんできます!

by ひろこ 
スポンサーサイト
2008/09/01(Mon) | 13.ケニア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
親愛的朋友
7月13日(日)からずっとナイロビの友人宅でお世話になっていました。
彼女とは以前の職場からのお付き合い。
最初は部が違うので会社で会っても挨拶を交わす程度だったのですが、
「貿易研修会」の時にたまたま隣り合って座っていて、
どういうわけか「旅」の話になって、意気投合してからの付き合いです。

時は流れ、彼女は旦那様とケニアへ。
そして私達は世界一周の旅へ。

そしてここナイロビで再会!!(感涙)

サルサダンス教室に連れていってもらったり、ナイロビ市内やキベラ(スラム地区)
を案内してもらったり、在ナイロビ邦人の方の夕食会に連れて行ってもらったり、
一緒にご飯やお菓子を作ったり…
と旅では味わえないような地に足がついた生活を過ごしてました。

あんまりにも居心地が良すぎて、今まで張り詰めていた緊張の糸が切れてしまったのか、
私達2人揃ってちょっと風邪気味になったり、竜ちゃんがこの旅始まって以来の
激しい下痢になったりと、本当に本当にお世話になりっぱなしでした!!

ありがとう、幸作さん&うぇいな!!
一ヵ月後、再次見面!

さて、これからタンザニアのザンジバルへ一路向かいます。

by ひろこ 
2008/07/23(Wed) | 13.ケニア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アンボセリ国立公園
ナイロビ在住の友人夫婦と共にアンボセリ国立公園にやってきました!

公園内に入った途端、揺らめく蜃気楼と何本もの小規模な竜巻が見えて
アフリカの大地が様々な顔を持つことを実感。

います、います、動物達。
しまうま



きりん
720kirin_R.jpg

ぞう
720elephant_R.jpg

ヌー、ハイエナ、バブーン(ヒヒ)、かば、ジャッカル、ガゼル、
インパラ、イボイノシシ、バッファロー、ダチョウ…
動物って美しい!

by ひろこ 
2008/07/20(Sun) | 13.ケニア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ケニアといえば
ケニアといえば「大自然!」
というわけで、マタトゥ(乗合いタクシー)を乗り継いで
ナイバシャ湖1泊→ヘルズゲート国立公園1泊の計2泊3日のショートトリップへ。

ヘルズゲート国立公園はケニアでも数少ない「walkingサファリ」ができる場所です。
でも、ヘルズゲートのパンフレットにあった「ここで見ることのできる動物リスト」に
レオパードと書いてあって、あれれ?レオパードってヒョウだよね?
ヒョウって肉食じゃなかったっけ??
という疑問が…。
しかし、ここのパークレンジャーは「問題ない。安全だ!」と言い切っていました。
何も安全対策はなされていなかったけど、どーなっているんでしょう?

一抹の不安を感じつつも、野生動物のしなやかな動きや、のんびりと草を食む様子を
間近で見ることができて感動!

夜はテントを張って就寝。
テントって地べたに寝るので、ホテルやゲストハウスで眠る時には全く気にも留めない
動物や虫の鳴き声、真っ暗闇など自然の息吹を全身で感じます。
色々なモノを内包している自然と較べると、自分はあまりにも卑小…。
自然に対して「畏怖」の念を抱かずにはいられません。

さて、そんなこんなで公園内を歩いていましたが、なんと途中でロストウェイ!!
周遊したかったのに、単純往復しかできず…。
残念ながら、今回はちょっと不完全燃焼です。

by ひろこ 
2008/07/18(Fri) | 13.ケニア | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ナイロビへの長い道のり
モヤレ~ナイロビへは2つの移動手段があります。
1つは「バス」。
でも、バスは3日に一度しか走っていない為、入国した日によっては2日待ち等
ボーダーで足止めをくらう事になります。

もう1つの手段は「トラック」。
トラックも荷台と運転席の後ろのシートと2種類あります。
こちらは毎朝7時半~9時頃トラック発着所にいけば、乗せてくれるトラックが見つかります。

バスとトラックの運転席後ろのシートの値段は一緒(2000Ksh=1Kshは約1.7円)

私達が入国した日が7月9日。次のバスは7月11日。
2日も待てん!というわけで、私達はバスではなくトラック(運転席後ろのシートで)で
ナイロビまで行くことに!
お世話になった運転手のモハメッドさんと、特に仕事はしないけどなぜか乗ってた従業員のアリ
(2人合わせるとモハメッド・アリ!?)↓
712mohamed_R.jpg


33時間、1000余kmに渡る長い旅路の始まりです。
しかも始めの20時間程は未舗装道路なので、震度2~3くらいの揺れをずっと体験することに。

それにしてもこのトラック、発車した時に荷台に何も積んでいなかったので、
「?」と思っていたら途中の町でヤギを乗せていました。
自分の運命が分かるのか、乗るのをためらうヤギ達↓
712goat_R.jpg


ヤギのご飯休憩(4時間ほど放牧)や私達のご飯休憩を挟みつつ、
トラックは一路ナイロビへ。

体力的にしんどい移動だったけど、私は「楽しかった!」という感想。

*ちなみにヤギではなく、マメ類を運ぶトラックだとヤギの放牧時間がない分
ナイロビに早く到着できるようです。

by ひろこ 
2008/07/12(Sat) | 13.ケニア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。