スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
救世主 トラック野郎
ビクトリアフォールを訪問してしまったら、このリビングストンの町で特にやることがなくなってしまった私達。リビングストンから次の目的地ナミビアの首都ウィントフックへは水・日の週2便しかバスがでていません!!

…この待ち時間無駄だ。
というわけでローカルバスとヒッチハイクでウィントフックまで行ってみることに。

ローカルバスとタクシーでなんとかザンビアの国境の町「Katima Mulio」という町には辿り着いたのですが、タクシーを降ろされたガソリンスタンドからヒッチハイクを試みるも、その日は車がつかまらず…

日も暮れたし、他のヒッチハイカー(ローカルの人々)もそこらへんで寝支度をはじめたし、そこまで危険な感じもしなかったので、私達もテントでも張ろうか~と話していたところ、救世主のように現れたのが白人ドライバーの「ニッキー」

「外はNot Saftyだ。俺のトラックで寝ていいぞ。
何?金??そんなもんは要らねー。俺はただ人が好きなだけだ」とのこと。
こんな有難い申し出を断るわけがありません。

旅は道連れ、世は情けとはよくいったものです。

ニッキーよ、ありがとう。
写真はニッキーのトラック。アメリカやオーストラリアで走ってそうなトラック。
中には二段ベッド、冷蔵庫、TVまでありました。

919truck_R.jpg


by ひろこ
スポンサーサイト
2008/09/19(Fri) | 16.ザンビア & ナミビア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ビクトリアフォールズ
ザンジバルのマライカG.Hでご一緒させて頂いた辻夫妻のHP「ゆるり地球道」
ゆるり地球道
で見たビクトリアフォールズの印象がものすごかったので、滝訪問を楽しみにしていたのですが…

918choro_R.jpg

うぅむ…こ、これは。
あのHPの写真と較べたらチョロチョロ~な感じです。(今はあいにく乾期)水飛沫でさぞや濡れるだろうとザックカバーとレインウェア上下を持っていった私。でも、そんなもの持っている人は私以外誰もいなかった。とほほ。

あぁ、向こうに見えるジンバブエ側は水量が多くて、世界三大瀑布の趣を呈しているというのに…
こっち(ザンビア側)はこれかぁ~。

918nofear_R.jpg

でも、乾期は乾期なりに楽しめることもあるんです。今の時期は崖の上(つまり滝の上流)を歩けます。てくてく。

918tekuteku_R.jpg

お~。くわばら、くわばら。(崖上から滝つぼの方を見下ろした写真)
918fromGAKE_R.jpg

ちょっと物足りなくもありましたが、こんな穏やかな表情の滝もまた一興。

by ひろこ 
2008/09/18(Thu) | 16.ザンビア & ナミビア | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。