スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
優しさ
メンドーサは治安があまり良くないということは噂で聞き知っていた。
それを実を以って知ったのが1月27日の午後のこと。

竜ちゃんと宿近くを歩いていたらベルギー人のおじさんに声をかけられた。
最初は「いつこの街に来たのか?」など旅行者が交わす普通の会話から始まったのだが、おじさんが突然「僕はこの街が嫌いだ!」とのたまう。
見ると彼のズボンのファスナーは無残にもざっくりと切られて、マネーベルトの中のカード、現金、パスポート、更にはザック&サブザックまでも盗られたという。
しかもそれはつい先ほどのことらしい。

すべてを失ってしまったおじさんは落ち着きをなくし、途方に暮れているようだった。
警察も親身になってくれず、ベルギー大使館は遥か1,000km以上も離れたブエノスアイレスだ。そこまで一番安いバスで80ペソ、深夜12時発の便があるらしい。

竜ちゃんは80ペソあげようか?と私に問う。
でも、私はもしかするとこれは演技で新手の詐欺かもしれぬと思った。
でも、もし本当ならば同じ旅行者として見殺しにすることはできない。

そのおじさんはとりあえずセントロ(市中心部)に行ってベルギー人を探したいと言っていたので、セントロでひとまず座ってお茶でも飲んで軽食が食べれて…と、落ち着いて自分の身の振り方を考えられるであろう金額30ペソをあげた。

そしてセントロでベルギー人に出会えなければ、私達が泊まっている宿に来てくださいと言って、宿名・住所・電話番号がかかれた地図を渡した。もし来てくれればバス代は私達がもつことも言い添えて、そのおじさんと別れた。

でも、おじさんは来なかった。

おじさんと別れてから、色々考えていたのだが、ハッと気付いてシマッタ!と思った
ことがある。
「私はあなたと今日会ったばかりで100%話を信用できない」と言ってしまったのだ。
本当に本当に余計な一言だったと思う。聞いた本人はどんな気持ちだったろう。

私達の行為は間違っていないと思う。
でも、私の発したこの一言は悔やんでも悔やみきれない。
そして、一昨日竜ちゃんがサブザックを盗まれて、その気持ちは確固たるものに変わった。
被害にあって打ちひしがれている人に、そんな冷たい一言は言うものではない。

私の言動は一見親切なように見えて、おじさんを逆に深く傷つけてしまったのだと
思った。うわべだけの親切や優しさを装うことはたやすいことだ。
でも、その人の立場になって考えるというのは本当に難しい。

もちろん、おじさんの話が嘘か誠か?という疑問はくすぶっているけれど…。
でも、今の私はおじさんの話は本当だったと思っている。
おじさんの目や、とめどなく流れる汗や、小刻みに震える手がそれを証明していたと
思う。

それを信じてあげることができなかった私の心の狭さ。
そしてそれを口に出してしまった私の愚かさ、浅はかさ。

今、私ができることは2つ。
おじさんの無事と幸運を祈ること。
そしてこの出来事から何かを学び取ること。

by ひろこ
スポンサーサイト
2009/02/01(Sun) | 19.アルゼンチン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
イールダおばあさん
Paso de la Ovejaのトレッキングに行ってきた私達。

またしてもみぞれ雨と雪にやられて帰ってきた私達をイールダおばあさんは優しく迎え入れてくれました。
118.jpg

※イールダさんが作ってくれた昼食。スープ風おじや。きっと私達がいつもお米を炊いているのを見ていたので、(ここはイールダさん御家族と共同キッチンなのです)このおじやを作ってくれたんだろうなぁと思ったら温かい気持ちになりました。

私達がたどたどしいスペイン語で話すトレッキングでのことをパン生地をこねながらふんふんと根気よく聞いてくれます。パン作りや編み物などなど…私が気合を入れてとりかかるモロモロのことを何気なく自然体でやってのけるイールダさん。

こんな風に年を重ねたいものです。

by ひろこ 
2008/11/08(Sat) | 19.アルゼンチン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
3人でお散歩
イールダおばあさんの強いススメもあって、イールダさん、竜ちゃん、私の三人でウシュアイア東部の海岸沿いお散歩にやってきました。

波打ち際を歩いていると、突然イールダさんがど~んと大の字に寝転がりました。

115hilda.jpg

気持ちよさそうに風の香りを嗅いで、空を見ています。何を思っているんだろう?
私もイールダさんの見ているものが何だか知りたくて空を仰ぎ見たけど、そこにはただ空があるだけ。
でも、一緒に空を見るという行為は人種も言葉の壁も越えて、私達を繋げてくれるような気がしました。

115calafate.jpg

写真の木は『カラファテ』
この木になる花も実も食べることができます。そしてそれを食べた者はまたこのパタゴニアの地に戻ってくるという言い伝えがあるそう。
ウシュアイアにまた戻ってこれるといいな。という願いを込めて私も花を口にしました。

by ひろこ 
2008/11/05(Wed) | 19.アルゼンチン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マルティアル氷河
今日は散歩がてらイールダおばあさんと竜ちゃんと私の三人でマーティアル氷河に
やってきました。(でも、イールダおばあさんは歩き始めて10分ほどで息があがって、一足も二足も先に
帰ってしまったけど…。齢66。あんまり無理をしないでね、イールダさん)

113-1hilda.jpg

今日は快晴!!
ここはなんて気持ちのいい場所なんだろうか!
ど~ん、ど~ん、ど~~~~ん。氷河ってかっこいい。

113-2withdog.jpg

113-3.jpg

113-4.jpg


by ひろこ
2008/11/03(Mon) | 19.アルゼンチン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Casa de Familia
ウシュアイアでお世話になっている宿はCasa de familia イールダさんとペドロさんのお宅。
宿というよりはホームステイしている感じです。
(会話はスペイン語なので、身振り手振りと英語-スペイン語辞書片手にたどたどしく会話中の竜ちゃんとイールダおばあさん)

112hilda.jpg


中心地にあって、スーパー、ネット屋、魚屋、ランドリー、アウトドア店、郵便局等々が徒歩圏内という好立地条件もさることながら、イールダおばあちゃんがあったかくてとても面倒見が良いのです。

私達が一泊二日のトレッキングに行くというと私達以上にソワソワし始め、やれ寝袋を持っていけ(もちろん私達はMy寝袋持参している)だの、マフラーを持っていけだの、トレッキング食で卵をゆでていると、卵ケースを持ってきたり…と、実の母のように甲斐甲斐しい世話の焼きっぷり。

最初は遠慮をしていた私達。
でも、竜ちゃんが「世話を焼きたい人からは思いっきりその好意を受けよう!それが人の為というものだ。そして、その親切を誰かにお返ししよう。」となかなか良いことを言ったので、イールダおばあさんに思いっきり甘えることにする。

そうそうイールダおばあさんはネコを5.6匹といびきをかいて眠るブサイクな犬も一匹飼っている。宿泊者以外にも動物の面倒もみてるなんて、なるほど世話好きなわけだ…。

ともかくありがとう、イールダおばあさん。

112dog.jpg

112cat.jpg

by ひろこ 
2008/11/02(Sun) | 19.アルゼンチン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。