スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ケニア山登頂!
朝2時15分起床。
私の顔は高山病の為むくんでいる…。
うぇいなも竜ちゃんも軽い頭痛があるようだ。

軽く朝ごはんを済ませ3時にマッキンダーズキャンプを出発。
着々と歩を進めていたが、うぇいなの様子がおかしい!
吐気と頭痛を訴えて、意識もちょっと朦朧としている感じだ。

なんといっても彼女は本格的な登山は初めて。
それにもかかわらず標高5000m近くもあるケニア山に挑戦しているのだ。
しかも、このナロモルルートは2・3日目で一気に高度を2000m程あげるので、
程度の違いこそあれど高山病にならない方が不思議かもしれない。
それでも敢えてケニア山にチャレンジしているうぇいなはスゴイ。
うぇいなと一緒にレナナ峰に登頂したいという思いでこの数日を過ごしてきた。

でも…この症状は危険じゃないのか??
ガイドのニコラスに登山続行の可否を問うと、「大丈夫だ」と言い切った。
彼を信じ、うぇいなを信じて登り続ける。

空が白み始めた頃に4700m地点にあるオーストリアンハットに到着。
ここではあまり休憩をせず朝焼けを追うように進む。
左手には氷河、右手には朝焼け。
95sunrise_R.jpg

雲海の向こうには遠くキリマンジャロが頭を出している。
95kirimanjaro_R.jpg

いつも何気なく迎えている朝も、こんなに荘厳で神々しい始まり方をするんだ。

そして7時、ケニア山レナナ峰登頂!!

ニコラス、竜ちゃんと握手を交わす。
うぇいなとは抱き合ってお互いの健闘をたたえあった。

ばんざ~い。
95banzai_R.jpg


by ひろこ 
スポンサーサイト
2008/09/05(Fri) | 14.ケニア山登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
登山2日目
朝7時10分にメッツステーションを出発。

目指すは4300mにあるマッキンダーズキャンプ。
この1日で標高1200M以上登るので、とにかく高山病にならないよう
こまめに水分補給をしつつ一歩一歩進みます。
どんなに辛くてもちょっとずつ進めば、いつか必ず目的地に着く!

湿地帯を抜けたあたりから奇怪な形の高山植物が見えてきました。
94plant1_R.jpg


94plant2_R.jpg

94plant3_R.jpg


いと可笑しき植物の数々。
厳しい環境にも負けずに健気に生きている姿が美しい。

13時50分、やっとマッキンダーズキャンプに到着。
うぇいなが3500mくらいから軽い頭痛を訴えているので、
3人でたくさん水分をとって、軽く歩いたり、
高度順応で少し高いところに登ったりして過ごす。

明日はいよいよレナナ峰アタックです!

by ひろこ 
2008/09/04(Thu) | 14.ケニア山登山 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ケニア山登山開始!
いってきま~~す!

93letsgo_R.jpg

(ケニア山国立公園入口。うぇいなと竜ちゃんと私、ガイド兼ポーターのニコラスと共に)

この日は3時間の歩行で3048Mのメッツステーションまで行けばよいので楽。
景色を楽しみつつ登山。
それにしても、メッツステーションまで行く登山道にはバッファローや象のフンが
ゴロゴロ転がっています。
メッツステーションではヒョウやサル、バッファローが出没するから気をつけろと
言われるし…自分達は今アフリカの山に立っているんだなぁと実感。

3度の休憩をとってメッツステーションに到着。
高度順応を終えてメッツステーションに戻るとキレイな夕焼けが見えました。
93sunset_R.jpg


苦しい山道を歩いてきた後だからなのでしょうか?
山で見る夕焼けは下界で見る夕焼けよりダイナミックに思えます。

by ひろこ 
2008/09/03(Wed) | 14.ケニア山登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。