スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
インドを想う
インドを訪れた友人やインドについて書かれた書物から私のインドのイメージは
「とても無秩序で生半可な気持ちでは行ってはいけない国」。
インドに行ったことがある竜ちゃんも騙され、友人は偽警察に騙され(警察まで偽がいるのか!!)
またとある友人はカルカッタは世界一汚い町だと言い、そしてまたある人は
「私が自殺したいと言ったらインドへ連れて行って。インドを見たら私の悩みなんてちっぽけだと思えるから」
とのたまう。
…一体インドってどういう国なんだ~?
今から不安と期待でいっぱいです。
そんなわけで今までガイドブックを持たずにいたけど、ロンリープラネット(英語圏の旅行者向けガイドブック)
の「インド」を買いました。あと正露丸も買った!

「勝負だ、インド」!2人鼻息も荒くインドに勝負を挑むくらい気合はいってます!!
いよいよ明後日はインドです。

by ひろこ 
スポンサーサイト
2008/03/11(Tue) | 2.タイ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コップンカーップ
タイにはトータルしてかれこれ1ヶ月余りいることに気がつきました。
リゾート、トレッキングにタイマッサージをうけたり、見所をまわっていたらあっという間に時間が経ってしまった!!
世界一周ってきっと思ったより早く時間が過ぎてしまうんだろうなぁ。
そのタイとももう今週の木曜でお別れです。

タイのみなさん。コップンカーップ(ありがとう)
船やバスに乗っている途中で寺院や仏様のところを通り過ぎる時、タイの市井の人々がちょっと手を合わせて道行く姿がとても美しいと思いました。
レストランでもオーナーが手を合わせてお線香をあげてお祈りをしていたり、
昨日もなにげなくテレビを見ていたら、ニュースが始まる前アナウンサーが手を合わせてテレビの前の視聴者に挨拶をしていたり、自分の上司に手を合わせて挨拶していたり…。

koppunnka_R.jpg

この合掌スタイルは心を打つものがあります。

by ひろこ 
※明後日夕刻バンコクへ向かいます。そして13日はインドへGO!!
2008/03/10(Mon) | 2.タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チェンマイ トレッキングツアー
参加メンバー:
イギリス人カップル(ジョエルとウィリアム)、ベルギー人カップル(フィリップと?(発音が難しくて最後までよく分からず))
フランス人カップル(オリブァとステファニー)とカナダから一人旅のアレン、中国系イギリス人のインイン&私達の10人。+タイ人のガイド(アーさんと?(忘れた))

日程:2008年3月5日~7日

1日目
モン族の村訪問~トレッキング~カレン族の村訪問&宿泊。

2日目
トレッキング~象に乗る~トレッキング~滝のそばで宿泊。

象を間近で見るのも触るのも、まして乗ることも初めてで興奮!!
象の毛って硬くてチクチクしてるんですね。
竜ちゃんは象の首に乗っていたので、象が耳をパタパタする度に耳に足を挟まれて痛そう。お尻にも毛がささって痛そう。

elephant ride_R

この日は滝のそばで宿泊。

house_R.jpg

こんな素敵な木と葉っぱの小屋が今夜の私達のホテル。
そして滝つぼシャワー。

waterfall_R.jpg

3日目
トレッキング~筏で川下り

みんなで同じ釜の飯を分け合って食べて、一緒に滝つぼシャワーを浴びて、ウノやトランプをして、歌って踊って、隣り合って眠っていれば、言葉や国籍が違っても旧知の友達のような気分になってきます。
このツアーのメンバーは本当にみなフレンドリーで、スマートで、明るくて、2日目の夜はおなかがよじれる程笑いっぱなしでした。
最初はトレッキングが目的だったけど、途中からこのメンバーといられること自体に喜びを感じるように…。

この先、ベルギーと聞けば「フィリップとフィリップの彼女」の底抜けに明るい笑顔を思い出すんだろうな~。
カナダと聞けばアレンの優しい微笑を思い出すんだろうな~。その他のみんなもまた然り。
うまく言えないけど、思い返して温かな気持ちになれる人がいる国や場所が心の中にあるのは、幸せなことだと思いました。

everybody_R.jpg



by ひろこ 
2008/03/08(Sat) | 2.タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アユタヤ遺跡
インドビザ受領するまで間があるので、日帰りでアユタヤ遺跡を訪れました。

バンコク → タオ島 → パンガン島の小旅行の際に思ったのですが、外国人のたくさんいるカオサンを出発 → 外国人onlyのバスに揺られ → 外国人のたくさんいる島に移動…。これって面白みが全くありません。

というわけで、自力で移動できるところは自力で移動!!今回は自分達で駅でチケットを買って、アユタヤまで行ってきました。(移動距離70余kmで3等席で片道20バーツ(現レートで約68円)!)

densha_R.jpg

アユタヤはあまり大きくない町なので貸自転車を借りてアユタヤの町を散策&遺跡めぐりをしました。
しかーし、私達は建築物にはあまり興味なし!(日本にいる時からそうだったけど)すぐにあきてしまう…。

jitensha_R.jpg

NHKスペシャルなんかで見るとなんかすご~く神秘的な場所のように思っていたけど、遺跡は町のあちこちにフツーの趣で点在してます。車がバンバン通過する一般道路の脇に遺跡、小学校の脇に遺跡という具合。

この国の歴史や文化背景、建造物に造詣の深い人なら遺跡の前に佇んで感激できるのでしょうが、
wikipediaで付け焼刃的に得た薄っぺらな知識ではあまり感動もせず「ふーん」という感じ。
私達が遺跡を見るのは50年早いのかもしれません。

P2120025_R.jpg

それよりもアユタヤの町で車のマフラー外して爆音で走る暴走族のような車運転する人や、手を振ってくれた小学生、遺跡の前に課外学習で来てた日本語学科の大学生達との出会いの方がよっぽど面白いと思ったのでした。

student_R.jpg

人に出会うことでその町の印象は立体的になります。

by ひろこ
2008/02/12(Tue) | 2.タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ルート決定
昨日は下し腹にて朝から夕方まで半日ベッドに撃沈。
タイの料理がおいしいので調子に乗りすぎたのかもしれません。

さて、一昨日はルートの検討を2人でしていて、頭がヒートアップ!
早寝早起の私達には珍しく12時過ぎまであ~でもないこ~でもないと話し合ってました。

そんなわけで下し腹 + 睡眠不足。これはもうゆっくりするしかありません。旅は健康第一!
でも、こういうとき2人旅っていいものです。

過去、中国での1人旅の時、体調を崩したことがあったけど、あの時の不安、寂しさ、孤独感は本当に切なかった(泣)

竜ちゃんが心配して水や軽食を買ってきてくれました。
うれし~~、一人じゃない~~♪

そうそう、タイの宿はどこにいってもトイレに水鉄砲がついているので
お腹壊してもわりと快適です。

P1250120.jpg

さて、ルート検討の結論がでたのでお知らせ致します。

2月8日インドビザ申請済み

2月15日インドビザ受領

2月17日前後 ラオス入国

2月末  タイ再入国(チェンマイに行きたい)
↓(飛行機で)
3月中旬 インド(カルカッタ)入国

というわけで、3月13日インド行きチケットも入手(1人4350バーツ=約15,000円)
私がベッドでのほほんと寝ている間に竜ちゃんがチケットも手配。
ありがとう相棒よ!

それにしても旅って色々調べたり、聞いたり、考えたりと何かと忙しいものなんですね。

by ひろこ 

※Weekend Marketから帰るバスの中で日本人女性の世界一周者に遭遇!しかも一人。
いや~、2人のありがたさを身にしみて感じた後だけに、一人で!世界一周!あっぱれ!!と思いました。

2008/02/10(Sun) | 2.タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。