スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
大移動
本日(12/31)の上海行きの国際定期船に乗船するため,
茨城県日立市から神戸まで一気に大移動をしてきました。

12月29日の夕方、日立市を経ちました。
予約してあった神戸のホテルに辿り着いたのは12月30日のお昼頃。

神戸市まで青春18切符を使って鈍行列車で移動してきました。

これから広大なアジア大陸に入り、各地への移動距離や時間を考えると
事前訓練といったところでしょうか。

一つだけ失敗した点がありました。

それは寝台席がない交通手段を選んだことです。
2人とも30時間以上の移動経験はあるのですが、それは寝台席だから出来たこと・・・。

寝台席がない交通手段での移動は非常に気だるいものです。
ひろぴんは寝ていたけど、僕は一睡も出来なかった・・。
寝れる人が羨ましい・・・。
こんな移動2度とやりたくな~~~~い!

教訓:夜間移動する際は寝台席を確保すること

そーいえば今日は大晦日なんですね。。
僕らは大晦日・新年を船の上で迎えます。そして結婚1周年になります。

皆様、良いお年を。

by りゅうじ
スポンサーサイト
2007/12/31(Mon) | 世界一周準備 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家なき子
なんだかんだと2年ちょっとお世話になった王子のシェアハウスともお別れです。さようなら~、王子!!

私達夫婦は荷物が少ないので、引越しは業者に依頼せずすべて自分達の手で行いました。
レンタルしたハイエースの3分2位のスペースに余裕で荷物が収まってしまった…。

今日から家なき子です。しかも夫婦そろって無職!!
なかなかなれるものではないので、この境遇を思いっきり楽しんでやろうと思います。

by ひろこ
2007/12/26(Wed) | 世界一周準備 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
岩手帰省
竜ちゃんが退職して2人ともプー太郎になった夜、王子で一番おいしい!と私達が勝手に思っているラーメン屋で「全部のせ」というその名の通り具が全種類のった豪勢なラーメンを食べお互いの労をねぎらった後、夜行バスで竜ちゃんの実家岩手へ帰省。

岩手は雪でした。

竜ちゃんが家族と話す耳に心地よい岩手弁を聞いていると、だんだんのんびりゆるゆる~~っとした気分になって、ここ2・3週間の怒涛の忙しさを忘れてゆっくりできました。

東京へ戻る日の朝、お父さんの運転する見送りの車から空に架かる大きな大きな虹が見えました。
この虹はこれからの私達の旅がたくさんの良いことに恵まれてる幸せの予兆のような気がしてなりません。

出発まであと1週間です。

by ひろこ
2007/12/24(Mon) | 世界一周準備 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自転車の梱包
僕たちの荷物は少ないのですが、保管のことを考慮すると
大物はコンパクトしておく必要があります。

その中でも大物と言えば自転車です。
スポーツタイプの自転車は分解が比較的容易なんですが、街乗り用の自転車ともなるとなかなか難しいです。

街乗り専用の自転車は、2005年の夏に長野県松本市で購入し千葉県市川市までの250kmを2日間掛かりで走って帰ってきた思い出の自転車なのです。
今回は荷物の保管上の事を考え、泣く泣く手放すことにしました。

僕は”物”には固着しませんが、想い入れがある”もの”を手放すのは躊躇します。

by りゅうじ
2007/12/20(Thu) | 世界一周準備 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
植村直己さんを思う
ずっと行きたかった植村冒険館に行ってきました。
私の敬愛してやまない植村直己さんの記念館です。
しんどいなぁと思った時や落ち込んでいる時には、
植村直己さんのことを思っていつも少し勇気や元気をもらっていました。

uemura san_R

冒険館の入り口には犬ぞりで北極を横断した時の植村直己さんの大きな写真があって、ドキドキしつつ入館。
今までの経歴が写真と共に掲載されていて、2Fでは「北極圏1万2千キロの旅」という企画展も催されていました。
そこで放映されてた1時間位のVTRを見ていたら、マッキンリー冬季単独登山の様子が映っていて遭難の数日前の無邪気な姿に涙がでてしまいました。

マッキンリー登山前にベースキャンプで新雪の上に英語で大きく「マッキンリー」と心底嬉しそうに描いてる様子は「この人は本当に山が好きなんだな。」「まっすぐな心で山に向かっているんだな」と思わせるものがあって、どうしようもなく泣けました。

植村直己さんの成し遂げた冒険の数々は偉大だけど、私は彼のした事よりも彼の尽きることなかった好奇心や好きなことをやるという心の原動力の強さに惹かれます。

旅立つ前にここに来ることができてよかった。

by ひろこ
2007/12/18(Tue) | 世界一周準備 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。