スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
私達の旅について

asa_R.jpg


sunset_R.jpg

くもり空
cloud_R.jpg



カッパドキア4日目。
こんな風景のいい場所に来てるのに、なんか今ひとつパッとしません。
なんでかな?
とずっと考えていて、ここカッパドキアでやっと分かったことがあります。

それは、自分の欲っしないことをいくら手に入れても満たされないということ。

私は「自然が好き」です。
でも、それはただ自然を見るということではなくて、
自然と一緒に遊ぶこと自体が好きだったんだなぁということが分かったのです。

そう思ったら、「せっかくここまで来たんだからここも寄っていこう」とか
「どうせだから~行ってみよう」と旅にでてからつい口にしていた台詞が
とても無意味なもののように感じられてきました。
そんなのもう行かなくていいや!

今まで有名な所だからとりあえず行っとこ~っ!と寄り道することがあったけど、
それって私が本当に行きたいところだったのか?
もっと言ってしまうとそれが話のネタになるから行ってたんじゃないのか?
そう思えてきました。

「行かないなんてもったいないよ」と人に言われたこともあります。
でも、私達が楽しい~♪と思えるのは大自然を自分達の力で歩いたり登ったりすること。
今までこの「行かなくちゃ損」幻想に惑わされてました。

世界は広いんだし、私達の1年半という期間で全部行くなんて到底無理な話。
自分達だけの旅なんだから本当に「行きたい、やりたい!」という場所で
おもいっきり楽しみたい!!

という話を竜ちゃんにしたら、「当たり前じゃん。今頃気付いたの?」だって!
あ~、そうでございますか!

そう、この人は自分の軸が全くブレないのです。

今まで観光地を連れ回してゴメンよ。

さて、私達の旅のテーマも再確認できたところで…出発だ!
明日夕方シリアへ向かいます。

by ひろこ 
スポンサーサイト
2008/06/02(Mon) | 8.トルコ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
カッパドキア
わ~、わ~!
なんだこれは~?
what_R.jpg

今私達はカッパドキアのギョレメという場所にいます。
「ギョレメ」…なんかすごい名前だ!

その珍妙な名前の如く奇岩の立ち並ぶ風景↓
stone_R.jpg

ここには自然の岩や洞窟を利用した宿がたくさんあります。
そんなわけで私達も街の高台にある洞窟宿に宿泊中。
(部屋から見た風景。見晴らし良好です↓)
fromroom_R.jpg

ギリシャからここまで急ぎ足で来てしまったので(物価が高くて…)、
ここでは1日2食の自炊生活をしつつ、のんびり過ごしています。

by ひろこ 
2008/06/01(Sun) | 8.トルコ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トルコ伝統風呂ハマム
トルコに来たらやってみたかったことがあります。
それは「ハマム」(トルコ伝統風呂)に入ること!!

私達が宿をとったスルタンアフメット地区をぶらぶらと散歩をしていたら3軒のハマムを発見!

値段や歴史(築数百年という建物はざらにあるようです)、雰囲気、
サービス内容をチェックして、2人であーでもないこーでもないと丸一日考えて
2人別々のハマムに行ってみることに。
(旅にでてから「本当にやるだけの価値があるのか?」「値段に見合うのか?」という
ことに厳しくなった2人)

ここでは私の行ったハマムの様子をご紹介します。
ハマム入口

entrance_R.jpg


ハマムの中。風情があります。

inhamam_R.jpg

裸に薄布一枚を巻いて、ハマムへ入室すると中央に置かれている大きな円筒形の大理石の上に
まっぱだかの人々が気持ちよさげに寝ています。

私も大理石の上に寝っころがると、これまた同じくまっぱだかの恰幅の良いトルコのおばちゃんが来て
身振り手振りで仰向けになれ!と指示。
*仰向けで寝てみて気が付いたのですが、ドーム型の高い天井の丸い採光穴から、
午後の光が差し込んで蒸気と溶け合ってそれはそれはキレイでした。

そこから一気におばちゃん渾身の垢すり開始。
でるわ、でるわ、たくさんの垢!
考えてみたら湯船のある宿なんて今まで2回しか泊まってないし、
トレッキング中は10日間お風呂入れなかったもんな~。
アジア旅の垢が大量に出ました。
仰向け、うつぶせ、足の裏と念入りに垢を擦ってもらってから、
石鹸で体を洗ってもらい、その後洗髪。
ごしごしと力強くて豪快な洗いっぷりで、本当に心身共にスッキリ!

どこの誰とも存じませんが、汚れた体をシャッキと洗い上げてくれたおばちゃんよ!
ありがとう~。
垢が落ちて体がちょっと軽くなった気がする…。

by ひろこ 
2008/05/28(Wed) | 8.トルコ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ガラタ橋
地図を見るとここイスタンブールは非常に面白い形をしています。
片方の足はヨーロッパに、そしてもう片方はアジアに。
その区切りがこのガラタ橋

garata_R.jpg


この東西を隔てる橋で黄昏てみようと2人でガラタ橋に向かったのですが、
ガラタ橋名物「さばサンド」を見付けてしまい、そのまま食い気モードに。
アツアツのさばをトルコパン(トルコのパンは余計な味付けがなくて本当に美味)
に挟んでレモン汁と塩をふりかけていただきま~~す。

saba_R.jpg


おいしい。

私達は「花より団子」「観光より食べ物」です。
それにしてもトルコは食べ物がおいしい!
(初めて知ったのですが、トルコ料理は世界三大料理のひとつだそうです。)

by ひろこ 
2008/05/27(Tue) | 8.トルコ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
会うは別れの始めナリ
ミコノス島へ渡るフェリーの中で知り合ったまさおさん・るみさんご夫婦。
結局ミコノス島~サモス島~トルコのクシャダスと5日間も楽しい時間を一緒に過ごさせて頂きました。

夕ご飯を一緒に作ったり、バイクで一緒に夕日を見に行ったり、
ギリシャの係員のテキトー案内でサモス島行きのフェリーを乗り間違えたり、
サモス島の港で4人で野宿したり…

エーゲ海やミコノス島を思い出す時、まさおさん・るみさんと過ごしたことも思って
きっとイトオシイ気持ちになると思います。

明日、まさおさん・るみさんはカッパドキアへ。
そして私達はイスタンブールへ。
お別れです。
4人で過ごす最後の夜。…およよよ(涙)

まさおさん・るみさん、本当にありがとう。
道中お気をつけて!
そしてこれからの旅も楽しいことがたくさん起こりますように…祈っています。

by ひろこ 
2008/05/24(Sat) | 8.トルコ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。