スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
日本人夫婦旅行者に初接触!!
この旅で初めての夫婦の日本人旅行者に出会いました!!
しかも子連れ。前歯と下の歯が2本生えていたから1歳過ぎくらいでしょうか?
おっぱいとココナツミルクをあげながら、できれば3ヶ月ほど旅をしたいそうです。
(旅の期間はお子さんの体調次第)

そして、旦那さんも奥さんも仕事を辞めてきたそうです。
これからタイ式マッサージでも習って、それを生活の糧にしようか…等等旅をしつつ考えますとのこと。
ツワモノ親子です。頑張って下さい!

欧米人で子連れのバックパッカーは珍しくないけど、日本人にもこんな奇特な方がいるのね~と嬉しくなりました。「子供がいるから~できない」「年だし~できない」って、ウソかも!いや、絶対ウソ。

by ひろこ
スポンサーサイト
2008/01/30(Wed) | 2.タイ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
タオ島
心身共にトロピカルな空気にとろけてまーす!

DSCF2442_R.jpg

by ひろこ
2008/01/29(Tue) | 2.タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カオサンロードにて
旅人の間ではあまりにも有名なカオサンロード。
確かに何かと便利な場所ですが、フーンという感じ。でも、ここの自由な空気は好きです。

P1240105.jpg

ここに来てから歩く速度がだいぶのんびりになりました。
当たり前だけど、日本にいた頃の出勤・退勤時のあの何かに急かされるような感じは全くなし。
今まで早く歩きすぎて、見過ごしてきたこともたくさんあるんだろうな。

早く歩く生活も、ゆっくり歩く生活もぎりぎり20代の内に経験できて、
改めて旅にでて良かったなと思う今日この頃です。
そしていくつになってもどっちの生活にも飛び込んでいける自分でありたいと思います。
飛びこむも飛び込まないも、結局は自分次第。
そのことに怯えることなく堂々と立ち向かえる私でありますように。

帰国して、もしまた早く歩く日々になったとしても…目の前の世界とは別の「ゆっくり歩いた世界」が心の中にあれば大丈夫。

by ひろこ
2008/01/27(Sun) | 2.タイ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
タイ
やって来ました。タイ!

今回も旅本は持ってないので、とりあえずバックパッカーの集うバンコクは「カオサンロード」にいます。
ここの雰囲気に初めて「あぁ、異国にいるんだなぁ」と腹の底から納得。
今までの中国は私にとってとても慣れた場所で異国という感じがしなかったので、これからが本当の意味での海外の旅というところでしょうか。

dog.jpg

それにしても、タイの市井の人々ってなんて温和で優しいのでしょう!笑顔がすばらしい!!
料理もおいしいし、今乾季で過ごしやすいし、竜ちゃんは美人が多いと絶賛。

というわけでタイにはビザぎりぎりの1ヶ月程滞在することにしました。

by ひろこ
2008/01/24(Thu) | 2.タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おじいちゃん、今頃マリと天国でお散歩しているかな?
生まれた時からにこにこ恵比寿顔でそこにいてくれて、いることが当たり前だと思っていたおじいちゃん。
出国の4.5日前に会った時は少し苦しそうにしていたから、神様どうかおじいちゃんに安息の場所を与えて下さい。

今日、飛行機から眼前いっぱいに広がる雲を見て、おじいちゃんを想ってみたり、おじいちゃんの告別式や私達の旅再出発の日に雪が降ったことを思って、おじいちゃんをまた想ってみたり…。これから先もフトした時におじいちゃんのことを思い出すでしょう。

天国

おじいちゃんを想う時、おじいちゃんは私達の中に生きています。

おじいちゃん!!みんなを見守っていてね。

by ひろこ
2008/01/23(Wed) | 世界一周中に思ったこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「知識改変命運」
バスからぼんやり外を眺めていると、とある学校に「知識改変命運」(=知識は運命を変える)という標語が掲げられていました。なるほどなぁと一人納得する私。

母が私と妹に「うちは貧乏だからあんた達に財産は残せないけど、教育は残せるから、教育は財産になるから」といって、自分から「やってみたい!」といったエレクトーンや大学進学や留学などに惜しむことなく金銭面でも精神的な面でも支えてくれたことを思い出しました。

かといって、親から「勉強しなさい」「高いお金払ってるんだから、どうこうしなさい」などと強要されたことは一度もありません。なんて有難いことでしょう!
娘達に言うだけではなく、自分も年をとってから車の免許を取得したり、パソコンを習ったりと人生に前向きな姿勢は自分の親ながらすごいなぁと思います。この親の元に生まれて本当によかった。

そして、自分自身を振り返ってみると…やはり何かの知識を得ようと前向きな時に大きく人生が変わったと思います。「知識改変命運」!!!

知識を得ることで自分の人生をより良く生きられることを、学校も親ももっと教えるべきだと思います。
2008/01/12(Sat) | 世界一周中に思ったこと | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
相方 竜ちゃんについて
付き合って3年。結婚して1年。でも、まだまだ相手のことで知らない部分というのはあるものです。旅にでて一日のほとんどの時間を一緒に過ごしてみて気がついたことがあります。

それは竜ちゃんがとてつもなく几帳面だということ。
旅に出る前から薄々気がついていましたが、ここまで几帳面だったとは。
日本にいた時は「掃除?俺やだ。来週やるべ」という感じだったくせに、今はまめに荷物の整理をしたり、パソコンのデータを整理したり、宿に着くとすぐにより良い環境作りに勤しみます。
(椅子やテレビを動かして効率的な場所作りに燃えてます)

そして毎日のトレーニング。懸垂、腕立て伏せ、腹筋。

P1100060_R.jpg

ここまで筋肉にこだわってるとは思いませんでした。そのわりに神経の細やかなところがあって、出発前眠れなかったり…

これから相手のどんな部分が見えてくるのでしょうか?
きっとぶつかり合うことも多々あるのでしょう。

これからもよろしくね。竜ちゃん。

※明日シンセンに移動をします。香港には14日に到着予定。1週間程香港に滞在します。
2008/01/10(Thu) | 世界一周中に思ったこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
客家 土楼
やってきました。客家土楼!!
ここにくるまで騙されたり、ミニバンタクシーの運ちゃんとケンカしたりとすったもんだがありましたが、なんとか辿り着きました。

ここまで来て普通の宿に泊まるのは意味ないので、土楼に宿泊をしました。
トイレ、シャワー、テレビ、エアコンなどという文明的な設備は全くありませんが、土楼に泊まるんだから我慢、我慢。(一泊一人20元)
私達が宿泊したのは中国一元切手のモデルにもなった巨大円楼の『承啓楼』です。

土楼1_R

私達をお世話してくれる江おじいちゃんはとても親切な人だし、楼内は犬や猫、にわとりが走り回って、夕方にはこうもりやねずみがでてきたりしてとてものんびりした空気が流れています。

DSCF2066.jpg


有名な建築物を見てもあまり感動をしない私達。でも、そこが「生きている」建築物だと本当に興味深いし面白いと思います。そういう意味では承啓楼はきちんと「生きている」場所でした。

by ひろこ
2008/01/07(Mon) | 1.中国 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
関東煮
アモイの街中でよく見かける「日本関東煮」の看板。
「なんだ、なんだ~?」と思い近づいてみるとなんと「おでん」でした。

具材は微妙に違いますが、昆布やしいたけ、えのき、大根、海鮮団子などもあり、味も昆布だしが効いていてなかなか美味です。お値段はカップ一杯で3元。

この関東煮アモイの人々にも人気は上々らしく、道を歩けば必ず関東煮を食べてる人に出会います。

関東煮1_R

今朝市場を歩きましたが、海に近いだけあって海鮮が今まで訪れたどの町よりも豊富にあります。おかゆを食べたお店ではおかゆの付け合せに昆布も売られていたので、関東煮が受け入れられる下地があったのかもしれないですね。

それにしてもアモイでおでんが食べられるとは!こんな『食の発見』も旅の醍醐味です。

by ひろこ
※明日永定の客家土楼へ行きます。
2008/01/06(Sun) | 1.中国 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
アモイへ南下
上海の朝夕は凍てつくような寒さでした。
僕たちはこの寒さには耐えられないので、上海は早々に切り上げました。

鉄道に揺られて22時間かけて厦門(アモイ)・ 中国名:Xiamen(シアメン)へやって来ました。
ここは街並みが整備されており、警察官が至るところに配備されています。
治安も良く洗練された大都市だと思います。

アモイ中山路

そして何より嬉しいのが、温暖な気候!!
ここアモイは沖縄県の西表島とほぼ同緯度(北緯24度)に位置するんですね。
居心地が良いのでここに数日間、滞在するつもりです。

by りゅうじ
2008/01/05(Sat) | 1.中国 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
上海
上海到着!

P1030016.jpg

私が初めて海外一人旅で来たのが上海。19歳でした…。西安に留学して半年くらい経った夏休みにフラリと来たんだよなぁ~。

今以上に中国語もできず、歴史もよく理解しないヘナチョコの私がよくまぁ一人旅をしていたなぁと当時の自分の無鉄砲さが怖いと思えるくらい大人になりました。(なったのか??)

あれから10年…。宿も決めず、ガイドブックも持たずに上海を再訪しています。あれれ?やっぱり私って10年前と変わってない!?

上海は寒いし、私達が「見たい!」「行きたい」と思うトコロがあまりないので、明日早速アモイへ移動します。

※お父さん&お母さんへ
なぜか二人の携帯のメールにメールが送れません。
教えた私のメールアドレスにメール下さい!

by ひろこ
2008/01/02(Wed) | 1.中国 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
明けましておめでとうございます!
お父さん!お母さん!そして私達につながるすべての皆々様!
明けましておめでとうございます。

激しく揺れる船の中で新年を迎えました。
トイレもシャワーも歯磨き中も食事中も何をしてもどこに行っても揺れてます。
瀬戸内海運行中は揺れを感じなかったのに、東シナ海あたりから歩くのも難儀な程、大変なことになりました。
ドアにはご丁寧にも「ゲロちゃんパック」が準備してあるし…

荒れる東シナ海1_R

船のスタッフにいつもこんなに揺れるの?と聞くと、「いつもはここまでひどくない」&「実は僕も気分が悪くて朝・昼食べてないんだ」とのこと…。

ヘロヘロの船酔いのスタッフに給仕をしてもらうなんて、ちょっと笑えます。
さて、私の新年の抱負ですが「みんなの支えがあってこそ旅をしていられる」ということを忘れずにいたいと思います。

by ひろこ
2008/01/01(Tue) | 1.中国 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。