スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今後の予定(アフリカへ)
明日7月1日(火)にカイロからエチオピアへ飛ぶことに決定!
いよいよアフリカ大陸です。
(よく考えたらエジプトもアフリカ大陸にあるけど、
気持ちの上ではやはりエチオピアからがアフリカという感じ)

どんなところなのでしょうか?
全く想像がつきません。

いや、下手な想像ならしないほうがましなのです。
中東にしても、日本のアメリカ寄りの報道に惑わされて「中東=危険」などと
ちょっぴり思っていましたが…

道行く人は本当に親切な人が多いし、日が暮れても普通に歩けるし、
ヨルダンのペトラのお土産物屋は店じまいしても商品は外に並べっぱなしだし、
(私が「これじゃいつでも盗めちゃうよ」というと、
この町の人はそんなことはしないときっぱりと断言してたし)、
イスラムの教えにバクシーシ(喜捨)があるからか物乞いが少ないし…

なんだか日本の繁華街より安全でそこにいる人々も豊かな気がしました。
危険なのは本当に一部地域だけ。

そんなわけで情報収集をきちんとしつつも、情報に惑わされることなく、
ニュートラルな気持ちでアフリカへ向かいたいと思います。

自分の目で見たものを信じよう!

以上、私のアフリカに向けての抱負でした。

by ひろこ 
スポンサーサイト
2008/06/30(Mon) | 世界一周中に思ったこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ダイビング
ダハブでやりたいと思っていた「ダイビング」。
せっかくなので体験ダイビングではなく、ライセンス取得にチャレンジ!

本日オーピンウォーターの実技講習を終え、学科テストも無事クリアーしました。
こんなへなちょこの私がオープンウォーターダイバーになれたなんて!
*オープンウォーター
18m以内の水深であればバディを伴い自力でダイビングできる免許のこと

私は泳げないので最初はものすごーく不安だったのですが、
機材を背負って水に入ってしまえば案外なんとかなるものなんですね。
(でも、初日の講習では溺れかけました…。)
心配していた機材の操作も、実際やってみると意外と簡単。
イロイロな技のレッスンを一通りやってから、インストラクターについて
海の中を自力で少し泳いだのですが、「泳ぐ」というより「空を飛んでいる」ような気持ち。
色鮮やかな魚にサンゴ礁、自分の呼吸の音、水を通して見える光、人が吐いた気泡のカーテン…
海の中にこんな世界があったのね~。

一緒に講習を受けた愉快な仲間達↓(み~んな旅人です。)
member_R.jpg

竜ちゃんも水深30mまで潜れるアドヴァンスライセンスを持っているから、
2人で一緒に潜ることもできる♪
よし、竜ちゃんのバディは私が引き受けた!!

これからは世界中の海に(私は18m以内ならば)潜れるんだ!!
なんかまた1つ自由になった気分です。
P6191800_R.jpg


by ひろこ 
2008/06/25(Wed) | 11.エジプト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エジプト紅海リゾート♪
ヨルダンからイスラエル、そしてエジプトまでの怒涛の移動で疲れた体を
ここエジプトは「ダハブ」というリゾート地で休ませています。

日本にいる時は知らなかったのですが、紅海は世界でも有数のダイビングスポット!
周りは砂と岩の大地で流入河川が少ない為、紅海の水の透明度が高いのだそう。
redsea_R.jpg

なんだかの~んびり、まった~りした雰囲気の場所なので、ここに長逗留することに。

朝早起きして散歩をし、朝ごはんをしっかり食べて、午後シュノーケリングをして
夜は旅先で知り合った人たちと魚介類を食べに行ったり。
*ギョレメから出会い続けているアキラさんとゴウさん&
イスタンブールで知り合った竜太くんとも再会。同じ夫婦旅の方とも知り合う。
広がり続ける友達の輪!!

それにしてもダハブに滞在している旅人は、世界一周とか長旅をしている方達ばかり。
とにかくみんな自由で、柔軟で、前向き。
色んな人の話を聞いて、笑ったり、感心したり、考えさせられたり…の日々です。

by ひろこ 
2008/06/19(Thu) | 11.エジプト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
長い1日~国境越え~
ヨルダンのアカバからフェリーでエジプトに渡る予定だったのですが、
フェリー乗り場に行ってみると、「チケット売り切れ」と言われてしまった私達…。

同じチケット売り場にいた日本人男性(葵さん)に話を聞くと、
彼は私達より2時間も前に来て並んでいたそうで、売り場が開くまでかなり待たされた挙句、
やっとチケット売り始めたと思ったら30人程で「売り切れ」宣言をされたとのこと。

次の便の就航時間も適当に答えてる感じだし、いつチケットを売るかも分からない状態。
ガイドブックの情報も全くアテにならない。
チケットも70ドルでメチャクチャ高い。

うーん。うーん。

よし、イスラエルを通って、陸路でエジプトに入っちゃおう!!
幸い車で20分くらいの場所にヨルダンとイスラエルのボーダーもある。
ということで葵さんと私達の3人でヨルダンとイスラエルの国境へ。
当初全く予定にはなかったイスラエル入りをすることになりました。

しかし、イスラエルのイミグレは厳しかった。
一人一人呼び出され、係官に尋問を受けます。所要尋問時間一人約20~30分。長っ!
「なぜ中東を旅行をしているのか?」「旅行の費用はどうやって貯めたのか?」
「シリアやヨルダンで何をしたのか?」「シリアで友達ができたか?」
(→イスラエルとアラブ諸国は基本的に仲が悪いので、
ここでyesと答えると更にキツイ尋問を受けることになると思われます)等々

その後荷物検査。
私は検査なしでしたが、葵さんと竜ちゃんはバックの中身一つ一つ念入りに検査をされてました。

その後入国スタンプをもらう時にも、また尋問。
係官「あなたのお父さんの名前は?」
竜ちゃん「治(おさむ)です」
係官「それはイスラム教徒の名前です!」(←途端に顔つきが険しくなる係官)
私達「…。」
「オサム」はイスラム風な「オスマン」とかに聞こえるかもしれないけど、
そりゃないよ~という感じ。

そんなこんなでイスラエルに入国するのに4時間もかかりました。
入国後すぐにエジプトのボーダーに向かったのですが、
イスラエル側からエジプトへ渡る時にもらえるのは「シナイ半島のみ15日間滞在可」のビザ。
カイロまで行くなら大使館でビザを取得しないとダメだということが分かり、
結局イスラエルで一泊することに…。

今日は予期しないことがイロイロあって、何度も移動したので、
精神的にも肉体的にも疲れました…。

by ひろこ 
2008/06/16(Mon) | 10.ヨルダン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ペトラ遺跡
遺跡に関心はないのですが、ここヨルダンのペトラ遺跡は
「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」の舞台になった場所だというので、
どうしても気になって見学に訪れました。

この遺跡に到達するまで岩盤のスキマの小道を通り抜けていくのですが、
この道が否応なしに気分を盛り上げてくれます。
komichi_R.jpg

「チャンチャラッチャーン♪」とインディジョーンズのテーマ曲を
口ずさみながら先に進むと…。
komichi2_R.jpg


おぉっ。
catsle_R.jpg

P6151761_R.jpg


ぐるりと見所を一周して、比較的健脚な私達の足で5時間程かかりました。
とにかくものすごーく巨大で広大な遺跡群です。圧巻!

by ひろこ 
2008/06/15(Sun) | 10.ヨルダン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
死海
死海で浮いてみよ~!ということになり、今日はアンマンから日帰りで
ローカルバス&乗り合いタクシーを乗り継いで死海にやってきました~。
*死海
地球上で最も低い海抜マイナス410mの地点にある海。
塩分濃度が海水の7倍の約27%という高濃度の為に、生物は住めません。
そして人が浮くこと&死海の泥パックでも有名です。

本当に面白いぐらい浮きます。
どう頑張っても下に沈めない…。摩訶不思議な浮遊感。
deadsea_R.jpg

2人とも泥を塗りたくって「死海パック」
mudpack_R.jpg

うぅっ。目と口に水が入った。痛い…しょっぱい…。

よく見ると波打ち際は塩の塊ではありませんか!!
salt_R.jpg


自分が漬物になったような気分でした。

by ひろこ 
2008/06/13(Fri) | 10.ヨルダン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テロ?
夜、宿でくつろいでいると突然「バン、バババーン」と爆発音が聞こえてきました。
長く鳴り響く爆発音、その後停電!!

「テ…テ、テロ!!??」

中東にいるってことはそんなことに巻き込まれてもおかしくない。
きゃ~~、大変だ!

とりあえず貴重品だけまとめて懐中電灯を頭につけて、
街の様子を確認しようと屋上へ駆け上がる竜ちゃんと私。

どーーーーーーん!
hanabi_R.jpg


その正体は「花火」でした。
も~、驚かせないでくれ。

宿の従業員曰く、ヨルダンのキングに子供が生まれたとか、おめでたがわかったとか…
(ヨルダンの正式名称は「ヨルダン・ハシミテ王国」。国家元首は国王なのです)
また別の人曰く、一般の人の結婚式の際にもこういう花火があがるとかどうとか…
詳しくは分からなかったけど、とにかくめでたいことがあったらしい。

悪いことじゃなくてよかった。でも、びっくりした!

by ひろこ 
2008/06/10(Tue) | 10.ヨルダン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ご縁
旅の醍醐味はなんといっても「人との出会い」。

その中でも不思議なくらい道中何度も再会を果たしたお二方がいます。
アキラさんとゴウさん。

トルコのギョレメ→シリアアレッポに行く乗換えバスターミナル→
シリアのイミグレ付近→アレッポ→ダマスカス
う~ん、こんなに出会うのも何かのご縁。
というわけで今日は夜ご飯をご一緒させて頂きました!
DSCF0449_R.jpg

このお二方はとても「さわやか」かつ「軽やか」な感じで旅をしていて、
「男性2人組旅人=むさ苦しいイメージ」を鮮やかに払拭してくれました。

お2人はエジプトまで旅をするということなので、
またどこかで会えることを楽しみにしてます!!

そうそうアキラさんはご自分のブログをお持ちなので、リンクをはってみました↓
http://100nichitabi.seesaa.net/
オモシロ記事満載です。

by ひろこ 
2008/06/09(Mon) | 10.ヨルダン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トコロ変わればシナ変わる
doll_R.jpg
おもちゃ屋さんの前を通った時に見付けたイスラムチックドール。
日本でいえば「リカちゃん」のような役割かと思われます。
やっぱり子供の時からこんなお人形さんでおままごとするんでしょうか?
シリアに住む8割以上の人がイスラム教信者だというから、きっとそうなんだろうな~。

でも、子供が持つにしてはかなり大きすぎるし、サングラスかけちゃってるし、
よく見たらメイド・イン・チャイナだったんですけど。

by ひろこ 
*「ばんばん」もとい「わんしゃ~~ん」♪ブログのお返事はメールで送ったよ~。
ダイエットがんばれ~♪
2008/06/08(Sun) | 9.シリア | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ジョルーおじいちゃん
シリアの水タバコ喫茶にて。
DSCF0434_R.jpg

P6051626_R.jpg

英語は「thank you」「good」しか通じず…
私達の知ってるアラビア語も「こんにちは」と「ありがとう」のみ。
今考えるとこのジョルーおじいちゃんとどうやって会話してたんだろうか??

でも、おじいちゃんがもう70歳を超えていて、男2人と女4人のお子さんがいること。
その内の何人かは海外に住んでること、おじいちゃんはキリスト教徒だということ等々
身振り手振り会話と筆談で理解し合いました。

話の合間に水パイプをブクブクプカーっとくゆらすおじいちゃん。
ジョルーおじいちゃんはこのお店の常連さんらしく、店員さんや他のお客さんにも
慕われている感じ。
陽だまりみたいなジョルーおじいちゃん。
会話が途切れても温かい雰囲気が漂っていて、つい長居してしまいました。

年を重ねるっていいもんだ!
そんなことを思った1日。

by ひろこ
2008/06/05(Thu) | 9.シリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私達の旅について

asa_R.jpg


sunset_R.jpg

くもり空
cloud_R.jpg



カッパドキア4日目。
こんな風景のいい場所に来てるのに、なんか今ひとつパッとしません。
なんでかな?
とずっと考えていて、ここカッパドキアでやっと分かったことがあります。

それは、自分の欲っしないことをいくら手に入れても満たされないということ。

私は「自然が好き」です。
でも、それはただ自然を見るということではなくて、
自然と一緒に遊ぶこと自体が好きだったんだなぁということが分かったのです。

そう思ったら、「せっかくここまで来たんだからここも寄っていこう」とか
「どうせだから~行ってみよう」と旅にでてからつい口にしていた台詞が
とても無意味なもののように感じられてきました。
そんなのもう行かなくていいや!

今まで有名な所だからとりあえず行っとこ~っ!と寄り道することがあったけど、
それって私が本当に行きたいところだったのか?
もっと言ってしまうとそれが話のネタになるから行ってたんじゃないのか?
そう思えてきました。

「行かないなんてもったいないよ」と人に言われたこともあります。
でも、私達が楽しい~♪と思えるのは大自然を自分達の力で歩いたり登ったりすること。
今までこの「行かなくちゃ損」幻想に惑わされてました。

世界は広いんだし、私達の1年半という期間で全部行くなんて到底無理な話。
自分達だけの旅なんだから本当に「行きたい、やりたい!」という場所で
おもいっきり楽しみたい!!

という話を竜ちゃんにしたら、「当たり前じゃん。今頃気付いたの?」だって!
あ~、そうでございますか!

そう、この人は自分の軸が全くブレないのです。

今まで観光地を連れ回してゴメンよ。

さて、私達の旅のテーマも再確認できたところで…出発だ!
明日夕方シリアへ向かいます。

by ひろこ 
2008/06/02(Mon) | 8.トルコ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
物価
アジアとギリシャ旅行を終えて各国の物価を把握するために、1日当たり生活費を算出してみました。
(平均値が大きくブレるので、都市間の移動費やビザ申請代、観光費は除いています。)

※注意:現地物価ではなく、対外通貨の価値で換算した場合の物価算出です。

物価順
1位 ギリシャ     10,598円
2位 トルコ       6,867円
3位 エベレスト街道   3,487円
4位 タイ        3,428円
5位 ネパール      2,844円
6位 ラオス       2,492円
7位 インド       2,122円

もちろん、為替が動けば支出も変動しますが、ひとつの指標になりそうです。

ところで、日本ではガソリン料金が1L当たり170円を突破(ビックリ!)したそうですが、
ガソリン代上昇は世界的にも同じかもしれません。

日本人から見て物価が安いアジア地域でも、ガソリン代の値幅は、1~1.5USドルと言ったところです。発展途上国では、個人の収入に対してガソリン代がとても高いと言えます。

以下は、僕が各地で調べたガソリン料金です。(調理用バーナーの燃料で使ってるので・・)

タイ:33バーツ/112円
ネパール:80ネパールルピー/128円
インド:50インドルピー/135円
ギリシャ:1ユーロ/170円

因みに、人伝に聞いた話ですが、パキスタンでは1L当たり40パキスタンルピー(60~70円)だそうです。石油産出国に近ければガソリン代も安くなるというわけです。

さて、これから中東方面へ下っていきますが、物価は一気に安くなります。
特に移動費だけに関して言えば、トルコとシリアの国境からエジプトのシナイ半島までで、
2人分で2万円ほどの計算になります。(ロンリープラネット中東版より調査)

物価指標は近日中に、HPにアップ予定です。

by りゅうじ
2008/06/02(Mon) | 世界一周中に思ったこと | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
カッパドキア
わ~、わ~!
なんだこれは~?
what_R.jpg

今私達はカッパドキアのギョレメという場所にいます。
「ギョレメ」…なんかすごい名前だ!

その珍妙な名前の如く奇岩の立ち並ぶ風景↓
stone_R.jpg

ここには自然の岩や洞窟を利用した宿がたくさんあります。
そんなわけで私達も街の高台にある洞窟宿に宿泊中。
(部屋から見た風景。見晴らし良好です↓)
fromroom_R.jpg

ギリシャからここまで急ぎ足で来てしまったので(物価が高くて…)、
ここでは1日2食の自炊生活をしつつ、のんびり過ごしています。

by ひろこ 
2008/06/01(Sun) | 8.トルコ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。