スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
旧国鉄篠ノ井線廃線歩き
うららかな陽気に誘われて明科廃線ハイキングコースを歩いてみることに。
なんでもここは明治35年に開通した旧国鉄篠ノ井線の廃線跡で、
コースの至る所に往時を偲ばせる面影がある…ということですが、
そんなコースの紹介はどうでもよく、二人ともお日様を浴びて歩きたい気分だったのです。
これがその「面影」です。
P5093048.jpg












P5093054.jpg











P5093057.jpg












他愛もない話をしつつ歩いてみたり。

無料休憩所にあった双眼鏡で蝶ヶ岳や常念岳の名の由来になった雪形を探してみたり。

帰りに見つけた河原でゴロゴロと寝転がってみたり。

サイクリング走行距離約15kmの穏やかな休日でした。

*常念岳、蝶ヶ岳、有明山などを眺めつつサイクリング~♪
P5093059.jpg













2010-5-9  ひろこ
スポンサーサイト
2010/05/10(Mon) | 信州・安曇野生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北アルプス・上高地~涸沢(5/1~5/3)
やっぱりいい!
山はいい。

前日まで仕事に追われ、上高地へ来る前日なんて睡眠時間4時間半だったのに、
上高地に着いたとたんに元気になった。

歩けばそれだけ体力は消耗しているはずなのに、
気力や山の中のナニモノかが体中に満ちてきて歩けば歩くほど体が軽やかになるこの感じ。

移住してきて始めての春、厳しい冬を乗り越えて体に溜まっていたパワーが爆発的に外に向いているのが分かります。
山道楽ができるこの地に来たのだし、今年は山三昧だ!

都会で働いてお金を貯めてから安曇野に移住すればよかったんじゃない?とか、
イロイロと言われ、それも確かに一理あるのかもと思った時もあったけれど。
でも、不確定な未来に保険をかけすぎるのはどうかと思う。
未来を思い描いて今を耐えて、さぁいざって時に健康を失っていたり、
「気持ち」を失っていたらどうするんだろう。

この山行で晩秋から冬にかけてモヤモヤとしていた気分がすっ飛んでいきました。

山があってよかった。

P5013001.jpg












涸沢カールを登りつめていくところ。目的地は見えているのに、なかなかたどり着かず…。

P5023022.jpg












やっとたどり着いたテント場。

P5023008.jpg












アイゼンを装着した自分はいつもよりパワーアップしている気がしたため…

P5023016.jpg












涸沢岳に続くこの斜面を登れるところまで登ってみることに。

P5023018.jpg












フト振り返るとテント場があんなに下に!
登りはなんてことなかったのに、下りは急斜面に感じるんだなー。
この高度感に少し怖気づいて早々と下った私でした。
でも、この先あの稜線からは何が見えるんだろう。やはり次なるステップは冬山?

P5033042.jpg












夏まっさかりの時期と紅葉の時期にまた来ます!

2010-5-4 ひろこ

2010/05/04(Tue) | 北アルプス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。