スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
標高2,100mの温泉~白馬鑓ヶ岳
白馬鑓ヶ岳温泉で風景を見ながら湯船に浸かってきました。

白馬鑓ヶ岳(約2,900m)は白馬三山の1つで、その途中の標高2,100m付近に白馬鑓温泉があります。
露天風呂なので、外の景色を眺めながら湯船に浸かる事ができます。



8月21日(土)

6:15頃、自宅を出発。
8:40頃、登山口となる猿倉へ到着。

8:50、登山開始。
森林限界を抜けるまでは、淡々と歩く。

山を1つ越え、森林限界を抜けると雪渓が見えた。

P8213530.jpg


雪渓に近づいていく。

P8213538.jpg


雪渓を歩く。冷気が心地良い。
アイゼンは持ってたが、使用するほどでもないのでそのまま通過。

P8213544.jpg


一面に咲き乱れる高山植物。

P8213549.jpg


12:30頃、白馬鑓温泉(2,100m)着。
今回はペースが遅いと思っていたが、それでも予定より1時間近く早めに着いてしまった。

暗くなるまでビールを飲んで温泉でまったり♪コースを決め込む。
写真の沢は、温泉なので温かいです。

P8213554.jpg


これは、露天風呂から流れる沢。
お風呂は、300円で24時間何度でも入れます。
他に時間帯別で浴室があるお風呂もあります。

P8213562.jpg


夕食で食べたもの。

P8213565.jpg


パスタ+ジップロックを三重にして持ってきたミートソース、そして即席スープ。
ミートソースは前夜にもパスタを食べたので、その時のもの。
パスタは1食につき2人で500~600g。

夕食前にも、アルコール漬けになりながら、
ウィンナー、チーズ、サラミ、ラーメンなどを食べている。
そして、酔い覚ましにと言いながら2杯のコーヒーも。

個人的に食料は1gでも軽くしよう!という発想は微塵もないので、
食べたいものを食べたいだけ持ってきて、余れば予備というスタンスです。
行動食でも予備を持ち歩いているので、二重に予備があると心強い。



8月22日(日)

4:00、目が覚める。
満天の星空を見ながら温泉の露天風呂に入る。

4:40、空が明るくなりだしてき頃に、温泉から出る。
ひろぴんはまだ寝ている。

P8223572.jpg


練乳を塗った食パンとコーヒーを摂り、5:20頃、白馬鑓ヶ岳(2,900m)を目指して歩き出す。
ひろぴんは、温泉でまったりモードなので、読書しながらテントでゴロゴロ。

P8223581.jpg


大出原へ行く途中、綺麗な高山植物が咲いていた。

P8223575.jpg


P8223587.jpg


P8223589.jpg


P8223584.jpg


HI3G0066.jpg


2時間で山頂に着いてしまった。
7:20、白馬鑓ヶ岳山頂に着く。

白馬鑓ヶ岳(約2,900m)。
HI3G0031.jpg


唐松岳方面への縦走路。
HI3G0061.jpg


手前の山は白馬杓子岳(約2,800m)
一番奥に見える尖った山が白馬岳(約2,930m)。
そこから右へ続く稜線は7月18日に歩いたところです。
記事は大雪渓・白馬岳に掲載。
HI3G0056.jpg


7:40、下山開始。

下界が分厚い雲に覆われていても山の上では快晴の時もある。
HI3G0068.jpg


8:40、白馬鑓温泉に戻る。

ひろぴんが足湯に浸かってまったりしている。
僕も再び温泉に入り、ラーメンを食べてコーヒーをまったりと飲む。

9:50、猿倉へ下山開始。
12:40、猿倉着。

by Ryuji
スポンサーサイト
2010/08/22(Sun) | 北アルプス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雨飾山(あまかざりやま)
高山植物の宝庫と言われている雨飾山を歩いてきました。
雨飾山は小谷温泉の近くにある標高約1,960mの山です。

前日の夜に登山口でテント泊しようと思ったが、面倒になったので、深夜出発して早朝から登山することに。



16日(月)

2:30白馬・小谷方面へ向かうため自宅を出発。

国道147号沿いは5~10分に1回の頻度でコンビニがある。多過ぎる。
この国は「不必要なモノ」をせっせと増やしている。
走る度にコンビニ寄っていく。

理由は、前々日のキャンプの際、アブに刺された足(ひろぴん)が
痒みが再発したため塗り薬を買い求めるためだ。置いてないそうだ。
虫刺されの薬は、ビニルで保護されているエロ本より序列が低いということだ。
きっとコンビニエンスなものよりも売れるものを置いた方が利益も伸びるのだろう・・・。

4:30、登山口着。
4:50、登山開始。

いつもの通り、森林限界を抜けるまでは森の中の山腹を登っていく。

森林限界を抜けるまで展望がないためつまらない。
しかし、今回はブナ林があったので、ちょっとした変化を楽しめた。

7:40、頂上直下着。
天候が芳しくなかったので引き返したが、時折、雲の隙間から日本海を見渡すことができた。

天候は生憎だったが、植物は見れた。
相変わらず植物の名前は分からない。

P8163504.jpg


P8163506.jpg


P8163514.jpg


P8163515.jpg


P8163519.jpg


10:30、登山口へ戻る。
そのまま小谷温泉へ。

P8163524.jpg


昼食を摂りながら、15:00頃、自宅へ戻る。
ここ数日間の涼しさとは裏腹に、うだるような暑さで、汗をかく。
温泉に入ってきたのに損をした気分だ。

もっと涼しくなる時間帯に帰って来た方が良かったかもしれない。

by RYuji







2010/08/16(Mon) | 妙高・戸隠・雨飾 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。