スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
三九郎の日のウクレレセッション
1月15日小正月の日曜日。
穂高神社の「三九郎」に火が灯されるという情報を聞きつけて、
友達の米ちゃんと三人でその様子を見物に行きました。
P1150031.jpg



点火の前にお払いもしてもらったし、お雑煮振舞ってもらったし。
なんだかいいことある気がする2012年!!

その後、我が家でウクレレセッション!!

米ちゃんはこの時確か楽譜「初見」だったと思います。
すごいなー。弟子入りさせてください!
*ちなみに米ちゃんは主旋律、私伴奏です。


私は怠け者なので、ウクレレ熱が下がると2~3ヶ月楽器に
触らなかったりするのですが、今回のセッションでウクレレに
対するモチベーションがぐ~んと上がりました↑。

あの日から平日夜もご近所に迷惑がかからないように小さな音と声で
ウクレレで弾き語ってます。(客観的に見たら薄気味悪い姿かも)
しかし、やはり鉄はアツいうちに打て!ですね。
この1週間でソロ弾きのコツがなんとなく分かってきました。

問題はこの熱い気持ちを如何に持続させるか?

これからも定期的にセッションしようかな。

by ひろぴん

本日のお菓子。
ダッチオーブンで焼きリンゴ。
P1150041.jpg



スポンサーサイト
2012/01/30(Mon) | 信州・安曇野生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
乗鞍スノーシューハイキング
1月8日日曜日は快晴…という天気予報。
寒いところは苦手ですが、快晴の日に家でぬくぬくまるまる~っと過ごすのはもっと苦手な私。
(なんだか損した気分になるのです)
長野県各地の山地図をひっぱりだしてきて、む~~っとにらめっこし、
「乗鞍」に目を付けました。
さらに乗鞍観光協会の建物内に「ODSS」というアウトドアの会社が
あることが分かり、スノーシューのレンタルの情報もGET!
(半日:500円/一日:1,000円)

というわけで、やってきました!
P1080110.jpg


↑レンタルしたスノーシュー装着した強気の私。

予報通りの快晴。
こんな日はやはり外歩きでしょう。

一の瀬園地や善五朗の滝をの~~んびり周遊すること約3時間半
P1080008.jpg
竜ちゃんは「ツボ足」の練習らしいです。


P1080010.jpg


P1080117.jpg


P1080004.jpg
これはウサギの足跡。

P1080122.jpg
善五朗の滝・凍結中。



凛とした空気と空の青さを体に取り込んでお正月で鈍った体を
リフレッシュ!!しました。

乗鞍からの帰り道…
田んぼで「三九郎」発見!
P1080016.jpg


季節が巡るのはなんて早いのでしょう。

今年はどんなことが起こって、どんな人に会えるでしょうか。
私も、私の周りの人たちにとってもどうか良い一年になりますように。

2012-01-08 by ひろぴん
2012/01/09(Mon) | 乗鞍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
全国・地方の天気予報では、本当の天気は分からない
全国の天気予報を見ると主要都市の天気が掲載される。
次いで地方ごとのニュース(例えば甲信越)では”県庁所在地ごと”の予報が掲載される。

地方版のニュースで見る天気予報は、地方予報区の気象状態を発表したものです。
したがって、県庁所在地の天気が県全域で同一になるとは限らない。

ところで、通年気になるのが降水確率だ。
降水確率とは、6時間ごとに1mm以上の雨または雪が降る確率である。

6時間ごととは
・0:00-6:00
・6:00-12:00
・12:00-18:00
・18:00-0:00
のこと。

じゃ、降水量1mmとはどの程度の量なのか?というと
1m×1mの枠内に、6時間の期間で1mmの水が溜まる量である。

何を言いたいかって?これだ↓

今朝は7:00に起きた。
お昼の12:00まで空は真っ青な空が広がっていた。
あれ~?おっかしいなぁ、昨夜の天気予報では
今日の午前中の降水確率は○○%って言ってたのになぁ。
傘持ってきて荷物になっちゃったよー。
よく見ると1m四方の枠内に1mm程度の水が溜まっていた。
これは朝の6:00から5分間の集中豪雨でできたものである。
こういう場合、気象庁が発表する予報では降水確率○○%と表示される。


因みに 気象庁の予報の名称に関する用語 では、降水確率0%の定義を以下の内容で説明しています。


降水確率が5%未満のこと。降水確率は1mm以上の降水を対象にしているので、1mm未満の降水予想である場合は「降水確率0%」でもよい。ただし、実用上の見地からは雨または雪の降りにくい状態に用いることが好ましい。


こういうことです。
3分間の集中豪雨で1m四方の枠に0.8mmの水が溜まったし、自分自身の衣類も濡れてしまった。でも降水確率は0%だということ。お堅い定義だね。

さて、冒頭の話に戻します。

全国版や地方版の天気予報だけじゃ~特定地域は額面通りの天気にはならない!
10数キロ移動しただけで、降雪量も快晴率も異なる場所なんてザラにあるのですから。

もっと詳細情報を追いましょう~。

by Ryuji
2012/01/06(Fri) | 理屈っぽい話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。