FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
出会いは宝
カヌー終点のCarmacks(カーマックス)からDAWSON(ドーソン)までは、公共の交通機関がなく、送迎車を頼むと高いのでヒッチハイクをする予定でいたのですが…

Carmacksのキャンプ場でひょんなことで知り合ったDieterといういい顔で笑うおじさんにDawsonまで乗せていってもらえることになりました。
なんとこのDieterさん、DAWSONで宿を経営しているそうで、聞けば山小屋風の部屋なら二人で45カナダドル。
テントサイトならば一張り二人で18カナダドルとのこと。
私たちはもちろんテントサイト!!

というわけで到着したのは「DAWSON CITY RIVER HOSTEL」というところ。

hostel1.jpg

山小屋風共有スペース

comons.jpg

たき火スペース
薪割り中の竜ちゃんです
makiwari.jpg

River Viewのテラス

riverview.jpg

たき火で沸かすシャワー
bath.jpg

毎日遊びにくるリス
ris.jpg

…などなど、なんだかとてもいい空気が流れてます。
これは大アタリなお宿!

聞けば、この敷地にある建物のほとんどすべてをDieterさんがコツコツ手作りしたそう。
雑然としているようで、不思議に調和していて、とても温かい感じがするのはDieterさん
の想いがこもっているからなのでした。

Dieterさんが毎朝敷地内を掃除して、宿泊者一人一人に「おはよう!調子はどう?」と
ニコニコ話しかけていたのが印象に残りました。

宿経営の他に、絵や写真を嗜んだり、本を出版したり、以前は日本で働いていたという
経験もあり、チャリダー(自転車で旅をする人のこと)としても経験もあり…と多彩な人生を送ってきたDieterさん。自分の経験をしっかりと吸収して、心に蓄えて、それをエネルギーに変えて何かの形で表現できるって本当にスゴイことです。

Dieterさんあっての「DAWSON CITY RIVER HOSTEL」は居心地良好。
当初、DAWSONはアラスカへ抜ける中継地でさっと抜けようと思っていたのに、予想外の4連泊となりました。

明日はフェアバンクスへ移動します。

by ひろこ
2009/07/16(Thu) | 27.カナダ(BC州) & USA(AL州) | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。