FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Denali
やってきました!
デナリ国立公園。

マッキンリー山を、山から40kmというほど近いワンダーレイクというキャンプ場で眺めること3日間。
山火事が近くで起こっていた為、少々スモーキーな空でクリアではなかったのですが、見えました!!!

725denali 2

この瞬間を待っていたのです。

725denali.jpg


ここはワンダーレイクキャンプ場より登ること20分弱の丘の上。
あまり人も訪れないし、キャンプ場よりも断然眺めが良いので、ここで竜ちゃんと2人きりで、ゆっくり、ゆっくり~。(ちなみに風がない日は蚊がたくさんいるので、私はモスキートネットを被っています。)

「もうすぐ旅も終わりだね~」
「色々あったけど、無事にここまで来れたね。」
「いい景色を二人でたくさん見たね~」
などなど…
今までのことを振り返りながら、そんなことを話していました。

南米にいた頃は、日本に帰国することを考えるだけで、嫌で嫌で、気持ちが重くなっていたのに、帰国が差し迫った今は不思議と心が穏やかです。

正直色々なことに出会って、それを吸収する心の器が飽和状態になっていて、これ以上旅を続けるとパーンと破裂しそうな気もするのです。旅を新鮮な気持ちで続けるというのは、相当にパワーがいること。

吸収したものをキチンと消化して、自分の隅々に行き渡らせるには、しばらくどこか一所に留まるのが少なくとも今の私にとってはいいようです。

いつの頃からか、風景や人との出会い、そしてそこからの展開に時折既視感を覚えるようになっていました。
これは由々しきことです。

それに移動し続けるのも、少々疲れました。
そう思ってしまうのも、旅が「非日常」ではなく、日常生活になってしまったからでしょう。

そして、たださっとその土地や、そこで出会った人達の間を通り抜けていくことにもちょっと寂しさや空しさを感じるようになってきました。

だから日本で充電です。

一つの場所に留まって、そこから見えてくるものを大事にしたいと思います。
(と言いつつも日本帰国後まっすぐに北海道に向かって、そこで1ヶ月程旅をする予定なのですが…)

マッキンリーを眺めながら、そんなことを考えていました。
最後にまだこの山のどこかで眠っている植村直巳さんのことを偲んで、頭を垂れて手を合わせて、まっさらな心でデナリを後にしました。

by ひろこ 
2009/07/25(Sat) | 27.カナダ(BC州) & USA(AL州) | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。