FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
大菩薩峠~大菩薩嶺
先週の北横岳に続く冬の低山ということで今回選んだのは、
天気が良さそうという理由により「大菩薩嶺」に決定!!

北横岳はロープウェイという手段で楽チンアプローチのおいしいところだけ
味わってしまったためか、今回の大菩薩峠までの道のりはやたらと単調で長く感じられました…。
P1300005.jpg


冬靴も重たいし。
(ちなみに今回私たちは裂石駐車場~上日川峠~大菩薩峠~大菩薩嶺~
丸川峠~裂石駐車場の往復約7時間のコースを歩きました)

暑くなったり、寒くなったりで、脱いだり着たり、行動食食べたりなどしつつ
10時半に大菩薩峠に到着です。
P1300021.jpg



とにかくお腹がすいたので、介山荘横のトイレに隣接するシェルターで早速お昼ご飯。
P1300028.jpg


チゲ鍋~♪冷えた体にしみました。

それにしても、こぼした水はものの数分で凍り、水筒の口も凍ってしまい空けにくくなるという寒さ!
体は冬仕様のそれなりのレイヤリングなので寒さはあまり感じないけれど、
外気に触れる顔や手(オーバーミトンとフリース手袋しているけど、地図を出したり、
行動食出したり、カメラいじったり等の細かい作業時に脱いでしまう)の寒さ対策は大事なんだな~、
と実感。いや、肌が寒さで痛いので「痛感」しました。
あー、バラクラバ欲しいなぁ。


大菩薩峠からの稜線歩き。

富士山を望めましたが、ちょっと曇り模様。
P1300031.jpg


稜線の雪の状態はこの日はこんな感じ。
アイゼンいつ履こうかと頃合を見計らうも、歩きやすい雪道&ところどころ露出する夏道、
アイスバーンのところもほぼ皆無だったので、結局アイゼン出番なしでした。
P1300047.jpg



大菩薩嶺はGWにも一度登ったことがあってそのときは人の多さに辟易しましたが、
この時期は入山する人も少なく、静かな山歩きを楽しめました。

次はどこの山に行こうかな~。

by ひろこ

覚書:
○アプローチ:勝沼ICを降りて大菩薩ラインで冬期駐車場のある裂石へ。
       駐車場無料。15台くらい駐車可。
○温泉:下山後、「大菩薩の湯」へ。市外在住者は3時間まで¥600。
2011/01/30(Sun) | その他の地域 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://roundtheworld2007.blog119.fc2.com/tb.php/369-31ca2cb4
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。