FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
伯耆大山
2ヶ月ぶりとなる久々の更新です。

アフリカのケニアで初めて知り合い、その後も南米の山を一緒に歩いた山友達(祐一郎さん)と僕たち3人で伯耆大山に登りました。

最後に一緒に歩いた山は、ペルーのアンデス山脈・ブランカ山群に位置するサンタクルス・コースという標高6,000m級の山々の谷間を歩く高地トレッキングだ。

登山基地であるワラス(Huarazu)という町で分かれて以来、2年ぶりの再会だ。しかしこの月日の長さは感じなかった。

ブナ林。

P4290022.jpg



伯耆大山の雄姿。

P4290031.jpg



こっちは下界。山とのギャップが凄いね。

P4290033.jpg



頂上付近。

P4290064.jpg



ここにテントを張らなくて良かった~。
夜半から風が吹き出し、翌朝は風速50m/s(時速180km)を記録。
※風速のことは、頂上の避難小屋の管理人から聞きました。

P4290072.jpg



右手に見えるは日本海。
左手奥に見えるのは宍道湖(だと思う)。
ここの避難小屋(無料)で一晩過ごし、翌朝 4/30に下山をする。

P4290074.jpg



4/30の夕方からは3人で夜釣りをする。
祐一朗さんは釣りの知識も豊富だ。

P4300103.jpg



祐一郎さんが釣ったアナゴ。
ひろぴんも"メバル"を釣った。
それぞれの魚は、翌朝、天ぷらになった。

P4300108.jpg



5/1、山菜取りに行く。ワラビとゼンマイ。

P5010119.jpg



この日の夕方に、京都の京丹後まで行って車中泊をし、翌日5/2から
京都の知人宅で2日程お世話になって安曇野に帰ってきた。

結局、どこに行くかというよりも、人と会って何かを共有することが楽しいんだと思う。

by Ryuji

------------------------------------------------------------------
ついでとは言ってなんだけど、この作品、オススメです。
「Into the wild」 実話です。

ある青年が、旅に出て色々な人に出会うが、孤独を好みアラスカの荒野に入り死んでしまう。
彼は死ぬ間際に、ある事に気付く。

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]
(2009/02/27)
エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン 他

商品詳細を見る


邦訳本はこれ ↓

荒野へ (集英社文庫)荒野へ (集英社文庫)
(2007/03/20)
ジョン・クラカワー

商品詳細を見る


2011/05/10(Tue) | その他の地域 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://roundtheworld2007.blog119.fc2.com/tb.php/376-a344c08a
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。