FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
レジャー事故 (水難と山岳)のこと
先に挙げた、穂高岳の実例だと個人的主観たっぷりなので、ちょっとデータを拝借してみます。

ここでは、遭難や水難の定義はとりあえず脇に置いとくものとします。

警視庁の統計データを基に直近5年間のレジャー事故の内容をまとめてみました。
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

レジャー事故

・水難事故より山岳事故の方が多い。
・死者、行方不明者数は水難事故の方が多い。
・水難事故の死亡者のうちで2人に1人は海で水難に遭っている。
・死者、行方不明者数の全体に占める割合は、水難事故は山岳事故の約3倍である。
・山岳事故は長野県が全国で1番多く、遭難者数に対する死亡者数が全国平均より多い。

長野県の山で遭難した場合、死ぬ確率は約21%である。
水難で死ぬ確率は、約50%であり、海に特定すると約26%の確率で死亡する。


ソースは警視庁の以下のリンク(PDFファイル)からです。

平成22年中における水難の概況
平成22年中における山岳遭難の概況

平成21年中における水難の概況
平成21年中における山岳遭難の概況

平成20年中における水難の概要
平成20年中における山岳遭難の概況

平成19年中における水難の概況
平成19年中における山岳遭難の概況

平成18年中における水難の概況
平成18年中における山岳遭難の概況


by Ryuji
2011/10/12(Wed) | 理屈っぽい話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://roundtheworld2007.blog119.fc2.com/tb.php/401-c4c31abc
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。