スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
エベレスト街道トレッキング其の4  【ロブチェ~ゴラクシェプ~カラパタール】
11日目:【4月9日】:ロブチェ(4,920m)⇔カラ・パタール(5,545m)
天候:快晴
歩行時間:8h

朝4時起床。今日はついに最終目的地であるこのトレイルの最高峰カラパタールへ立つ日だ!!
でも、私の顔は高山病でむくんで頭も痛い。トゥクラを過ぎてから毎朝私の顔はパンパンだ。
竜ちゃんが私のへちゃむくれ顔を一目見て「ここにいるか?俺だけでも行ってくるけど」と私に問う。
正直一瞬迷った。「ここにいる方が楽だ」と思ってしまったのだ。


でも。
それじゃ、ルクラから歩いてきたこの10日間って一体何になる?
カラパタールに立ちたいからこそ、ここまで2人で励ましあって登ってきたんじゃないか。
百名山のようなピークハントには興味はないけど、今回ばかりは『2人』でカラパタールの頂に立ってエベレストが見たい。
この部屋で寝てたら一生後悔する!!!
そこまで思い至って寝袋から飛び起きる。大きなザックはここに置いて必要最低限のものを背負う。
窓からまだ暗い空を見上げると星が瞬いているので、今日も快晴になるようだ。

P4090588.jpg

朝5時に宿を出発。寒い。とてつもなく寒い。私史上もっとも寒い日だ。
水筒の水も宿をでて10分と経たないうちに凍ってしまった。寒過ぎて手足の感覚もない。
それになんて長い道のりなんだろう。ロブチェからゴラクシェプまではそれでもまだ冗談の一つくらい言える余裕があったが、ゴラクシェプ(5,140m)からカラパタール(5,545m)は今思い返しても体力的・精神的に一番キツかった。
約400mの標高差でもここはもう5000mを超えているのだ。

酸素濃度は地上の半分、呼吸がものすごく苦しい。苦行だ。足も前にでない。へとへとだ。心臓の音が体全体を打っている。
もう本当に何度も何度もあきらめようと思った。
ここからだってカラパタールの頂は見えるし、エベレストベースキャンプも見えている、エベレストの頭だって見える。

P4090628.jpg


だったら、ここで歩くのを辞めたって同じじゃないかと自分の中の弱い部分が私に声をかけてくる。
…なんてふがいない自分。なんてヘタレな私。
でも、目標まで目前に迫っているこの場所でgive upしてしまったら、
この先も何か大事なことをあきらめ続けてしまうような気がした。ちょっと大げさかもしれないけど。
それになにより私の後ろで竜ちゃんがじっと私の歩き出すのを待ってくれている。

とにかく気力を振り絞って歯を食いしばって少しづつ登った。最後の方は手を使って這って登った。

P4090632.jpg

そして午前11時半、カラパタール登頂!!!

P4090634.jpg

ここからの景色を2人で眺める。宇宙の頭、大空の頭…エベレストがとても近くに見える。
空がとてつもなく青い。こんな青々した「アオ」は見たことがない。
気分は最高だ!!
登ってきて本当に本当に良かった。自分が、そして私達2人がとても誇らしい。

他のトレッカーも皆一様に晴々とした表情をしている。お互いを祝福しあい下山をした。

ロブチェに戻ったのは午後3時。
往復で10時間もかかって疲労困憊していたけど、心はやり遂げたことを思って満ち足りている。

それから3日かけて下山。
2人とも怪我もなく、ひどい高山病にもならず(このトレッキング中ヘリで運ばれる人を2回、馬と担架で下山する人をそれぞれ1人目撃したのでやはり高所順応は大事!)無事にカトマンドゥに帰還しました。

by ひろこ 

2008/04/14(Mon) | 6.エベレスト街道Trekking | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
----

2人とも真っ黒で現地の人っぽくなったね(笑)
いいんじゃ~ん♪

羨ましい~!!
by: ばんばん * 2008/04/21 19:19 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://roundtheworld2007.blog119.fc2.com/tb.php/74-7e3a4412
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。