スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
疑心暗鬼?
バラナシにはサルがたくさんいます。
昨日、部屋のバルコニーにサルがやってきて、天日干ししていた竜ちゃんのスニーカーを階下へ落としていきました。すごく取り難い場所に落ちてしまったので、「靴落下」の旨宿の主人に伝えたところ従業員が取りに行ってくれました。骨の折れることを頼んだのでお礼に10ルピーを渡して、ありがとう!助かりました。
…と話はそこで終わったはずなのですが…。

今日外出から帰ってバルコニーに何気なく出てみると、あるはずのないバナナの皮が2枚落ちているではありませんか。一昨日も昨日もここに来てからバナナは買ってないし、食べてないし、何だろうと思っていたら、またしてもサル登場!!!バナナの皮食べてるよ!

monkey_R.jpg

……もしかしてこのバナナの皮って従業員が置いた?昨日のようなハプニングが起これば、お金が貰えると思って??う~ん。ありうる。あまりにも不自然なバナナの皮。
(ここは宿の造りが廊下側から手すりを跨げばバルコニーに入れる構造です。)

そう考えたら、昨夜この宿の主人と立ち話をしている時「チャイを飲ませてあげるから、日本語教えてくれ」と頼まれたことを思い出しました。
飲み物に薬物を入れて昏睡状態にして金品を(たまに命まで)奪うという話も聞いたことがあるので、その日は断りましたがなんだか~、なんだか~~、今日こんなことがあると疑わしく思えてきた。
しかも従業員が部屋に来て「そうじをしておくから部屋の鍵を貸してくれ。」なんて言ってくるし!
(私達は宿の鍵はできるだけ使わず、日本から持参した自分達の鍵でロックをする習慣があるので、
もしかしたら今日入ろうとして鍵が違うことに気が付いた?)
でも、一見物腰も柔らかくて良い人そうに見えるから、私のものすごい思い違いかも。
でもでも、バラナシって「騙し」では悪名高い街だったよな…。

心中色々な思いが渦巻く私。
旅先で人との接触を絶って、心を閉ざしてしまうのはイヤだけど、
用心するには越したことはない!という思いを新たにした1日でした。

それにしてもお金のお礼って難しいですね。
このサル事件で旅開始以来初めて、商いをする人以外に行為に対してお金でお礼をしたのですが、
それってどうなんだろうとずっと考えてます。

ちなみに竜ちゃんは最初から払わなくてもいいんじゃないという意見だったのですが…

う~ん。

by ひろこ 
2008/04/28(Mon) | 4.インド | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://roundtheworld2007.blog119.fc2.com/tb.php/83-6a82642d
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。